フィリピン留学101 情報満載 Blog

フィリピン人の英語力

お役立ち情報フィリピン基本情報

こんにちは。

フィリピン留学101の濱田です。

 

今回はフィリピン留学を検討される方達が一度は気にされると思われますトピックです。

ずばり『フィリピン人の英語力』です。

最近ではフィリピン留学は現在年間35,000人を超える日本人が利用されていると言われており、

安価で質が良い留学として認知が進んでおります。

しかしそれでも欧米と比較して先生の質はどうなのか?

あるいは強いフィリピン訛りがあるんじゃないか?

そう思われる方たちもいらっしゃると思います。

そんな疑問を少しでも解消いただけるよう情報をまとめてみました。

 

 

目次

1.English Skill (フィリピン人の英語力)

2.Why? (どうしてフィリピン人は英語が上手なの?)

3.Pronunciation(訛ってる??)

まとめ

 

 

 

1.English Skill -ビジネス英語力ランキング1位の実力-

 

 

上記の資料はオンラインビジネス英会話のソフトを販売しているアメリカの企業・GlobalEnglish(現在の社名はPearson English)が非ネイティブな英会話者を対象に行った調査結果です。

ビジネス英語指数(BEI)のスコアは全部で10段階。

1〜3は初級、4〜6は基礎、7〜8は中級、9〜10は上級という評価になっています。

フィリピンは商談で難易度が高めの役割を果たせるというレベルの7.95(No1)のスコアを獲得しております。

(ちなみに日本は、基礎レベルの4.29。)

 

 

 

2.Why?  -なぜフィリピン人の英語力は高いのか?-

 

1.小学校から英語で授業を行っています

学校教育では小学校から一部の科目が英語で行われ、大学などの高等教育機関に

進学するとほとんどの教材は全て英語で書かれています。

勿論授業でも英語を使用します。

 

2.英語が話せない=学が無いと思われる場合がある

フィリピンでは英語を流暢に話せないと学歴がないと見られることがあるそうです。

英語が流暢に話せることはフィリピン人にとって一つのステータスでもあります。

 

3.アメリカ企業のコールセンターが多い

フィリピン人が英語が上手な理由の一つに、アメリカの企業のコールセンターが

たくさんあることがあげられます。

コールセンターの給料は他と比較すると2倍くらいになり人気の職業の1つです。

コールセンターは、基本的に大卒者に対して試験を行った後、面接をしてアクセントがきれいな人を採用します。

そこから実際にアメリカ人と毎日何時間も会話することになるため、

コールセンターにいた人はとても上手に英語を話します。

留学校の先生の中にも、元アメリカ系コールセンターで働いていたという方が多く存在します。

 

4.映画に字幕はありません

映画館では基本、字幕及び吹き替えはありません。

にもかかわらず皆ジョークの場面では一斉に理解して笑ってたりします。

私が以前現地の映画館に足を運んだ際はとりあえず隣の女性にあわせて笑ってました。

 

 

 

 

 

一部ではありますが、以上よりフィリピンの人々にとって英語は母国語ではないもののもはや生活の一部となっていることが伺えます。

 

 

 

3.Pronunciation -フィリピン英語の発音の特徴とは-

 

フィリピンの人々にとって英語は母国語ではありません。

フィリピンにはフィリピン語が存在し、約7,000もの島々より形成されているという

地理的な特徴もあり、タガログ語を筆頭に無数のローカル言語が存在します。

(セブアノ語、イロン語、ビサヤ語等々)

そのベースの上に英語を操っているため個人差があっても訛りがあることは事実です。

 

しかしここで一つ言えることがあります。

訛りのない英語とは存在するのでしょうか?

日本人、つまり日本語でも地方により訛りが違い同じ物を表す場合も

表現そのものが違うことがあります。

ネイティブ英語を話すといわれているアメリカ、イギリス、カナダなどでも

それぞれイントネーション、更に表現が違う場合が多々あります。

 

イギリス英語とアメリカ英語について具体的な例をあげながら議論している動画です。

イギリス英語とアメリカ英語にはこれほどの違いが存在しています。

 

こちらはOKEA校で現役で活躍するフィリピン人講師です。

 

フィリピン人の発音について一般的によく言われる項目として以下が挙げられます。

・アメリカ英語のようにrの巻き舌が強い

・fがpの発音になる

・thの発音がdやtになる

・vの発音がbになる

 

しかし実際に聴いていただくと分かるようにフィリピン人講師達はベーシックなとても聞き取りやすい英語を話します。

また、日本人と同様に英語が母語ではない分、自身もしっかり勉強して英語を習得しています。

その過程の苦労を経験しているからこそ留学生達の気持ちが分かり、英会話だけでなく学生の立場にたった英文法の効果的な習得方法などを教えることも得意とするのです。

 

 

 

 

まとめ

 

世界的なレベルで英語力が認められているフィリピン。

しかし、全てのフィリピンの人々が英語を上手に話せるわけではありません。

学歴や育ってきた環境によって英語学習状況は様々です。

英語学校の講師に採用されるには、一般的に学歴や発音、語彙力、文法力等、

全ての項目が高水準であることが条件となります。

英語講師達は自分たちの英語力、技量に誇りをもって授業をしています。

そんな先生達とフィリピンで英語を学習してみませんか?

 

 

 

 

*運営歴が長く、講師の質の安定を図っている弊社お勧め語学学校はこちら。

⇒『E-room校』『OKEA校

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村

 

留学お見積り・お問合せはこちら

留学お申込みはこちら

Lineでも留学相談、説明会申し込みを受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。
Line ID : @578gdyhi

福岡、九州からフィリピン留学は

実績多数のフィリピン留学101